初回20分無料電話相談カウンセリングはこちらへ、夫婦・人間関係・愚痴など、匿名で安心、感想も多数頂いています。

愚痴や悩み相談などどんなことでも、きっと光が見えてきます。 クライエントさんから頂いた感想

とくめい希望さん 女性

誰にもわかってもらえない不安を人に聞いてもらい楽になりました。どうしたら前向きに考えをもっていけるかのカウンセリングを続けてみたいとおもいます。

とくめい希望さん 女性

精神的な事で悩み、同じ症状の人もいると知り、治る!と言って頂けたのが本当に心の支えになりました。思い切って相談して良かったです。ぜひ継続したいです。

とくめい希望さん 女性

切羽詰ってて誰にも話せずにひとりでずっと考えていたことに丁寧に返信いただいて、道がひらけそうな気持ちになりました。一歩が踏み出せるような気がします。続けていきたいです。

とくめい希望さん 女性

以前から何度か利用させていただいてます。いつも一方的に思いつくまま話すのですが、快く全部聴いてくれます。自分の性格も理解してもらえ、これからの方向性などアドバイスももらえて、考えもまとまってきました。これから焦らずに次の行動に向かっていけそうです。ありがとうございます。

とくめい希望さん 女性

今回は対応していなく、医療機関の紹介と無料カウンセリングでした。ありがとうございました。

とくめい希望さん 女性

紹介で来ました。相談するといつも気を使う方ばかりですが、ここではしっかりと意見を言ってもらえたのでありがたかったです。またつらいときがあったら相談します。ありがとうございました。

とくめい希望さん 女性

今までやったことなかったですが、カウンセリングを初めて受けました。無料カウンセリングで気分がだいぶ楽になりました。またお願いします。

とくめい希望さん 女性

いつも自分が悪いと責めてましたが、前向きになれそうです。環境の変化、試してみます。ありがとうございます。

とくめい希望さん 女性

たった1通のやり取りでさえとても私の心を支えていただけるのもになりました。脱皮しているようです。岡本久美子先生に感謝します。

全て実際に頂いたものを掲載しています
プライバシー保護のため、感想は全てとくめいでお預かりしています。

このようなお悩みにご利用をおすすめします

 問題に直面し、自分ひとりではどうしたらいいかわからない、相談したい。
 人間関係がうまくいっていない、心の専門家にアドバイスしてほしい。
 彼、夫と(彼女、妻と)うまくいっていない、助けてほしい。
 色々愚痴を話したい、身近な人より信頼できる人へ。

↓このように対応しています↓

相談イメージ

 提案型でお話しし、問題解決のお手伝いをいたします。
 精神保健福祉士産業カウンセラーなどプロカウンセラー10名があなたのご相談に乗ります。
 一般の相談よりも、高い癒し効果を体感できます。

精神保健福祉士は病院で、産業カウンセラーは企業で、公に認められた国家資格です。

相談方法と料金 まずはお電話してください
相談イメージ

相談は 050-3481-9245までご連絡ください
営業時間 9:00から18:00

お電話中

カウンセリング事務局が相談方法を丁寧にご案内し、
よろしければそのまま、カウンセラーへお電話をおつなぎします。

最初の20分は無料でお支払いも不要なので、まずは、お気軽にお電話してください。

お電話終了後

相談終了後以下へお振込みください
お振込先
りそな銀行 神楽坂支店
普通口座 1574264
トウヨウキカク

ご相談はこちらへ 初回ご相談20分無料 相談ダイヤルの特徴

特徴1
とくめいでカウンセリングなので、個人情報が守られて安心、住所も不要です。
お名前は名字だけでけっこうです。
仮名でもかまいません。

特徴2
専門の資格を持ったカウンセラーが悩み相談に対応します。
きっちりと研修を受けているプロカウンセラーなので対応が安心です。
一般のご友人やご家族への相談との違いを体感していただけるでしょう。

特徴3
その場でカウンセリング。
何日も予約で待つことがありません。カウンセラー10名以上在籍しています。
悩みをすぐに相談することで、苦しい期間を早く軽減できます。

Q&A

直接会ってカウンセリングを受けたい
事務所から電車で30分圏内の東京地域であれば可能です(料金10分1400円90分単位)が、出張は特に、相談内容から相性の良いカウンセラーをご紹介したいので、まずは電話相談をお試しください。

病院へ行こうか迷っています
もしあなたに精神病の疑いがあるならば、病院へ通うことも有効です。
しかし、病院で薬をもらって、精神的に楽になれても、薬で悩み解決はできないことをご理解ください。

精神病→病院で薬をもらう
悩み・心の問題→カウンセリング

悩みがある場合はカウンセリングになる、とお考えください。

ほかにサービスはありますか?
カウンセラーと直接メールをすることができます。
基本的に、電話カウンセリングのサポートとして、1通心の暖まるメールができます。
よろしければカウンセラーにメールアドレスをお伝えして、ご利用ください。

相談ダイヤルの効果

話すことで気持ちの整理がつきます。
プロカウンセラーとお話しすることで、気持ちがいつもより、穏やかに変化します。
話すことで気持ちが楽になることを体感できます。
問題解決の糸口が見えてきます。

多くの方に悩み解決してほしい

今年の特典1
カウンセリングを知っていただくために20分のお試しを受け付けています(無料)。
今年の特典2
カウンセリング普及のため、感想を頂いております。
ご相談の後、お支払い前に感想を頂いた方へ料金を500円引きしています。

メールアドレス
感想

感想で500円引きをご希望の場合は、
感想を右記入力欄からご送信ください。→
送信後、自動返信メールが返ってきましたら、送信完了です。

 

カウンセラーからのメッセージ ダチが鬱になりまして
今野 智乃心 カウンセラー

 「ツレうつ」が映画になりましたね。ドラマのとき観ていましたが、時間の空いたときにでもちょっと観に行こうかと思います。
さて、僕の友人も鬱になり早3年が経ちました。
彼は非定型の鬱でして、メランコリーとは対処が違います。ただ、「非定型」とわかったのは本当につい最近で、僕の指摘からでした。
「ちょっと処方されている薬やその量、それから代替療法について医者に突っ込んでみな。」
実は、僕は彼の掛かり付けの医者を疑っていたんです。「治す気なんてない」って。

  そもそも僕がおかしいと思ったのは、「朝起きられないのは眠剤のせいなんだ・・・・薬増えるだけだし。」という愚痴からでした。
「本人が鬱のせいでではなく、薬のせいだ」と自覚していたし、ちょっと眠れないと言えば、眠剤増やされたり、具合が変わらないと言えば、新薬を追加されたり・・・・まるで彼をモルモットにしているようで、腹が立ったんです。
さらに会社からも最後通知を受けていて「1ヶ月休職させてやるからなんとかしろ!駄目なら異動するかか辞めるかだ。」と言うんです。しかも医者も転職を勧めたと言います。
僕はそれにも腹が立ちました。あれだけ精神衛生管理の企業体制を問われているこの世の中で、今どきこんなことをいうバカな会社があるもんだと。
「ならば友よ。一緒に克服しようじゃないか!」と、僕たちは克服計画を始めたんです。

  まずは※認知療法から始めてみました。
これはやはり良かったです。鬱に有効性があるというし、彼も興味を持ってくれたので、完全にきちんとはやれなかったものの、10回くらいのセッションで変化がみられました。
変化というよりも「元の友人」に戻ってきたと言った方が正しいです。

  さらにこの期間、一緒にウォーキングを続けました。気持ちのリフレッシュと疲れを与えるためです。
家に篭りがちになれば、運動不足になるし、「会社クビになったらどうしよう」とか、「本当に復帰できるだろうか」とか、そういうことしか考えなくなるので、いろんな会話を楽しみながらウォーキングして汗を流せば、笑う、動く、お腹が減って食べる、疲れる、そして自然に眠気が誘い、眠剤に頼らない眠りができる・・・・のではないか?と、心と体のバランスを考えて取り組んだのです。

  その結果、1度、2時間のロングウォーキングした後で一緒にランチを取ったのですが、ラーメンと炒飯と餃子をガッツリ食べるくらいの食欲には驚きました。また美味しいと感じる形容詞も大切ですね。
そして彼は、後に、会社にきちんと復帰できました。朝起きられず遅刻や午後出勤ばかりだった彼は、無遅刻になりました。薬も自ら減らしたいと医者に申し出て減らしてもらいましたし、それも、この休職中の取り組みの成果だと思っています。
でも何よりも、「薬に頼っていれば治る」と薬にだけ頼ってきた彼が、「克服したい」と前向きに歩き始めたからです。
まだ、今の医者との縁は切れていませんが、そろそろセカンドオピニオンが必要じゃないかなと思っています。

  現在、鬱でありながらも忙しく仕事をこなしているようですが、辛いときは友人である私を頼ってくれるし、また認知療法で学んだことも役に立っているようで、自らが認知の歪みに気付き、自らの方法で対処しているようです。
最近は趣味でギターを始めたとのこと。いいじゃありませんか。

※但し、認知療法及びウォーキングに関しましては、医師との連携があったことをお伝えしておきます。

眠れない症状がカウンセリングで改善
野口 拓海 カウンセラー

 以前、カウンセリングを担当させていただいたクライエント様で、不眠症の方がいらっしゃいました。その方は、毎日眠れなく、寝ても恐い夢を見て目が覚めてしまう症状がありました。病院へ通院し、薬を飲んでいましたが効果がありませんでした。その後、ご縁があり、私のもとへカウンセリングを受けにいらっしゃいました。

 カウンセリングを実施して、お話しをお伺いしていく中でわかったことは、その方は幼少期に家庭環境に恵まれていなく、それが不眠に原因しているのではないかということです。母子家庭で育ったため、お母様が深夜に帰宅され、当時の鍵っ子時代に1人で居た不安感や恐怖が消えていませんでした。カウンセリングは行動療法を中心に「自信」というキーワードを念頭に置いて行いました。何度にも渡るカウンセリングでクライエント様に自信を持って頂いた結果、現在では不眠が改善されています。以前は難しかった、頼れるパートナーもでき、幸せな結婚生活を送っていらっしゃいます。

自己一致を促す
ふくた かおり カウンセラー

 人は、自己一致(自分の経験と概念が一致している)が多いほど、生きる事が楽です。しかし、人は、自己一致とは反対の、不一致を無自覚に、たくさんもっています。・・例えば、幼い頃に周りの人から「男の子は、泣くものではない。」と教えられて育ち、とても大切な人が亡くなった時に、彼は、泣きたかったのに、「男の子は、泣くものではない。」と言われて育ったので、「泣く事は、恥ずかしい事である。」と思い、誰もいない所で泣いてから、なに食わない顔で、みんなの所に戻る。この様に、自分の本当の感情を無自覚に、押さえてしまう事です。

 この様に、人には、自覚なしに、いろいろな自己不一致をもっています。 カウンセリングに来た方で、初めは、違う話しをされていたのですが、最後に人間関係について、語られ、その時に彼女は「この人間関係の悩みは、あまりにも子供っぽい悩みなので(概念)、話すつもりはなかったのに・・・。」と言われました。
彼女はその話しをする事で、自分が、本当は一番気になっていた事に(潜在意識は気づいているのです。)気づいたのです。カウンセリングをしているなかで、私が取り入れている、来談者中心療法の技術である、受容・一致・共感的理解によって、クライエント様の心に変化を及ぼし、自分の気持ちを受け入れる事ができ、その結果、自己一致ができたのです。

 このような変化は、セッションをおこなっていくとよく起きる事です。 少しずつ、自己一致を増やして、人生を生きやすくしませんか?」

ご相談はこちらへ 初回ご相談20分無料

人々の健やかな暮らしの応援で社会に貢献する